大家重夫の世情考察

中国政治事情

第4章 毛沢東の時代ー中華人民共和国の成立 – 後編 - ≪第1部 中華人民共和国小史≫

1971年(昭和46年)9月8日(吉川弘文館・日本史総合年表)、共産党副主席林彪は、毛沢東と対立し、毛沢東の暗殺を謀り、失敗。妻、葉群、息子の林立果空軍作戦部副部長、部下とともにソ連に亡命の途中、モンゴルで墜落死したとされる。林彪について陳破空は、林彪が毛沢東より15歳若いが軍事の天才であったこと、部下には仁愛を以て接し、慕われたという。林彪は、毛沢東に忠誠心をもっていたが、その外交政策には反対だった。マルクス、レーニンよりも孔子孟子を好んだ。(注24
 なお、中嶋嶺雄は石平との対談で、行政官僚周恩来が黒幕である政府と林彪の軍との戦いが行われ、林彪は、北京で粛清されたと推理している(注25)。
産経新聞1971年11月2日付けは「ナゾ深める”林彪氏失脚”の原因」と報じた。
鬼塚英昭(1938-2016)は、「佐藤愼一郎の文書」からとして、林彪は、ニクソン招請に反対したこと、「果たしてそれから50日後、ニクソン招請に反対したと見られる林彪の叛乱事件が勃発している。林彪がソ連修正主義に投降して、『門戸を閉ざして自らを守る』ことを主張した売国的路線を選んだとして、現在、攻撃を受けているのがそれである。」
という(「田中角栄こそが対中売国者である」(成甲書房・2016年)73頁)。 林彪は、ニクソン訪中の受け入れに反対し、むしろ、ソ連との国交回復を主張し、このことをソ連に通報したのであろうか。
 ニクソン訪中が、当時の中国でも大きな政策変更であり、大きな混乱があったと思われる。林彪事件は、1972年7月28日まで、約10カ月間伏せられた。共産党中央の秘匿能力に感嘆する。同時に日本の朝日新聞秋岡家栄記者が中国当局の1972年の発表まで、報道しなかった従順さにも感嘆する。
周恩来は、アメリカとの国交をはじめる準備と林彪問題の後始末に忙殺されていた。
江西にいた鄧小平は、王東興に「林彪事件はショックでした」とし、いつでもお役に立ちたい、といった手紙を出しているとエズラ・ヴォーゲル前掲書は述べている(144頁)。
林彪の残された親族、部下達はどのように処遇されたであろうか。太子党とされて、優遇されているという情報はない。

LINEで送る
[`evernote` not found]

【要望】
内容等に誤りがあれば、下記までご連絡下さるようお願い致します。
E-mail:webmaster@lait.jp
ページトップへ

中国政官データ[2016年5月版]

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)のご紹介

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)の写真

2013年 フランス ランスにて

プロフィール

1934(昭和9)年生まれ
久留米大学名誉教授・国際日本語普及
協会理事
LAIT(IT知財法務研究所)
客員研究員

京都大学法学部卒
1960年文部省(現・文部科学省)
1970年文化庁著作権課長補佐
1988年私立久留米大学法学部教授。
1995年久留米大学法学部長
2005年久留米大学特任教授・名誉教授
2011年日本ユニ著作権センターより
「著作権貢献賞」を受賞

主な著書に

  • 肖像権(1979年・新日本法規)
  • 改訂版ニッポン著作権物語(1999年・青山社)
  • タイプフェイスの法的保護と著作権(2000年・成文堂)
  • 唱歌『コヒノボリ』『チューリップ』と著作権(2004年・全音楽譜出版社)
  • 肖像権 改訂新版(2011年・太田出版)
  • 美術作家の著作権 その現状と展望
    (福王子一彦と共著・2014年・里文出版)
  • ウルトラマンと著作権
    (上松盛明氏と共編・2014年・青山社)
  • インターネット判例要約集(2015年・青山社)

などがある。

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出のイメージ

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出 【2,800円+税】

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社のイメージ

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社 【4,500円+税】

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例のイメージ

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例 【2,800円+税】