大家重夫の世情考察

中国政治事情

第2部 3大派閥と太子党

(1)中華人民共和国ー3大派閥の中の「太子党」

 中国では、昭和24年(1949年)10月、中華人民共和国が成立した。毛沢東、周恩来、劉少奇…という時代から、鄧小平の時代、江沢民の時代、胡錦濤の時代を経て、現在、習近平の時代である。
 中国でも、中華人民共和国の成立と発展に大きく貢献した人々、子孫に相応の「特権」を与えようという思想があり、この思想をある程度周囲が認めていると思われる。
中国には、上海閥、団派、太子党の3つ派閥があるといわれる。
「中国には、江沢民元主席(86歳)を中心とする「上海閥」(上海勤務経験者及びその一派)、胡錦濤前主席(70歳)を中心とする「団派」(中国共産主義青年団出身者)、習近平主席(59歳)を中心とする「太子党」(革命元老の子弟の「二世議員」)の3つの派閥が存在するといわれる。
 上海閥は、江沢民を中心とし、共青団出身の団派は、胡錦濤を中心に、ある程度のまとまりがある。しかし、太子党、紅二代といわれる人々は、特に1つの派閥というほどまとまっていないようである。
 この3派閥は厳密なものでなく、李源潮副主席にように3派閥すべてに属する幹部もいる。また、長く「太子党」を牛耳ってきた曾慶紅元副主席は、江沢民の最側近で、「上海閥」のナンバー2でもあった。」(注1
 曾慶紅(1939ー)は、国家副主席・政治局常務委員を務めた。2007年の第17回党大会で、政治局常務委員を自ら降りる代わりに、習近平を次の国家主席にする確認を勝ち取ったとされている(注2)。

(2)太子党は、どうしてできたか。

 国民党との内戦に勝利した中国共産党は、第一世代、毛沢東が1978年から1997年に死去するまで、最高権力を把握し、皇帝のように君臨していた。
鄧小平は、自らを第2世代といい、江沢民を第3世代の核心、中核とよび、第4世代として、胡錦濤を指名していた。ちなみに、趙紫陽は、第2世代である。
 中国共産党の政治局常務委員会は、国家の最高機関で、党、政府のどの機関も常務委員会の決定に逆らえない。
 しかし、鄧小平を中心とする政治局委員経験者の「八老」ー鄧小平、陳雲、李先念、彭真、鄧穎超、楊尚昆、薄一波、王震ーに時代、このグループは、よくまとまっていて、常務委員会の決定に拒否権を行使した。しかし1997年に鄧小平が亡くなってから、引退した長老が権力を行使した者はいないと、アンドリュー・ネイサン、ブルース・ギリは述べている。(注3
宮崎正弘「中国バブル崩壊が始まった」(海竜社・2013年・200頁)は、「鄧小平、陳雲、李先念、彭真、王震、楊尚昆、薄一波」で、鄧穎超でなく、「宋任窮」の8大家族が、中国の財宝を抑えているという。鄧小平の長男鄧樸方は、貿易商社の特典が与えられ、この企業を通さないと多くの輸出入業務ができなかった。王震の息子王軍は、中信集団社長で、金融保険不動産に進出、栄毅仁(1916-2005赤い資本家と呼ばれた。中国国際信託投資公司CITIC創業者、国家副主席(1993-1998))と組んだ。陳雲の娘、彭真の息子、楊尚昆の娘など太子党の主力は政治に興味を持たず多くが国際的なビジネス世界、不動産売買に身を投じているという。
 鄧小平時代に、最高幹部たちは家族を含めて、私的な交際が頻繁に行われたことが想像される。
わたしは、この鄧小平の頃、中国共産党の最上層部の者の間で、「革命」に功績ある者の一族が、ある種の「特権」を享受するのは、当然であるという雰囲気が、「八老」のころから、「八老」級の人々およびその子孫からでて、折から、政府機関、その外郭団体への天下りをするようになったと想像する。
矢吹晋によれば、「紅色世代」とは、1949年中国共産党が権力を奪取した時点で、軍において「少將級以上」の地位にあった者をいう。軍属(軍関係という意味かー筆者)でない場合、「省級・部級」幹部であった者は、軍の少将級と同格である。「紅色後代」とは、その子孫である。「紅色後代」は、「紅色貴族」と呼ばれ、改革・開放期に億万長者となり、「紅色権貴」と呼ばれたという。(注4

LINEで送る
[`evernote` not found]

【要望】
内容等に誤りがあれば、下記までご連絡下さるようお願い致します。
E-mail:webmaster@lait.jp
ページトップへ

中国政官データ[2016年5月版]

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)のご紹介

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)の写真

2013年 フランス ランスにて

プロフィール

1934(昭和9)年生まれ
久留米大学名誉教授・国際日本語普及
協会理事
LAIT(IT知財法務研究所)
客員研究員

京都大学法学部卒
1960年文部省(現・文部科学省)
1970年文化庁著作権課長補佐
1988年私立久留米大学法学部教授。
1995年久留米大学法学部長
2005年久留米大学特任教授・名誉教授
2011年日本ユニ著作権センターより
「著作権貢献賞」を受賞

主な著書に

  • 肖像権(1979年・新日本法規)
  • 改訂版ニッポン著作権物語(1999年・青山社)
  • タイプフェイスの法的保護と著作権(2000年・成文堂)
  • 唱歌『コヒノボリ』『チューリップ』と著作権(2004年・全音楽譜出版社)
  • 肖像権 改訂新版(2011年・太田出版)
  • 美術作家の著作権 その現状と展望
    (福王子一彦と共著・2014年・里文出版)
  • ウルトラマンと著作権
    (上松盛明氏と共編・2014年・青山社)
  • インターネット判例要約集(2015年・青山社)

などがある。

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出のイメージ

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出 【2,800円+税】

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社のイメージ

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社 【4,500円+税】

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例のイメージ

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例 【2,800円+税】