大家重夫の世情考察

特別長編

代作とその周辺 ――偽りの著作者名の表示行為について 第1回

大家重夫

『久留米大学法学』第59・60合併号 1頁から44頁。平成20(2008)年10月31日 発行

Web版まえがき

佐村河内守氏の作曲とされている作品が、実は、新垣隆氏が作曲したものであると『週刊文春』平成26(2014)年2月13日号、2月20日号が報道し、『週刊新潮』2月20日号は、「袋叩きの『佐村河内守』はそんなに悪いか!」と弁護いたしました。

このいわゆる代作に関する事柄については、著作権法121条、123条が関係します。
このテーマについて、IT企業法務研究所(LAIT)客員研究員大家重夫の平成20(2008)年10月発行の『久留米大学法学』に掲載の論文がありますので、参考に供したいと思います。

※この論文の結論めいたことをいえば、佐村河内守氏が「佐村河内工房」あるいは、「佐村河内プロダクション」といった名称で、新垣氏の作品を発表していれば、著作権法上は、合法であったと考えます。

平成26(2014)年3月著者

はじめに

菊池寛「少年日本武将合戦物語」の作者は実は、安藤健である(注1)とか、マルクス『資本論』向坂逸郎訳(岩波書店)の真の翻訳者は、岡崎次郎である(注2)とか、いわゆる代作がときどき新聞雑誌において報じられる。特に最近、栗原裕一郎、竹山哲、猪瀬直樹らによって、文学者の著作権侵害の事例と共に代作の事例が明らかにされて(注3)いる。

著作物を作成した著作者は、その著作物に自分の名前を付けるか、筆名を付すか、無名の著作物とするかの権利、すなわち著作者人格権である氏名表示権をもつ(著作権法―以下「法」という―19条)が、法は、著作物の原作品や書籍や雑誌などによって、公衆へ提供・提示する際、氏名、名称、雅号として周知のものが著作者として通常の方法で、表示されている者を「その著作物の著作者として推定する。」(14条)とし、ゴーストライターが執筆し、代作である場合、真の著作者(ゴーストライター)が名乗りを上げ、反証をあげて推定を覆すまでは、表示されている氏名の者を著作者として取り扱う。

ゴーストライターは、著作者人格権である氏名表示権をもつが、これを行使しない。不行使の特約を「表示されている者」または「出版者」と明示又は黙示で契約していると解される。著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡し得ないから(59条)、表示されている者は、いつゴーストライターから名乗りをあげられるか、不安定な立場にいる。本稿は、この代作を含む「偽りの著作者名の表示行為」について、現行著作権法はどう関わっているか、特に121条を中心に考えてみたい。
著作権法121条「著作者でない者の実名又は周知の変名を著作者名として表示した著作物の複製物(原著作物の著作者でない者の実名又は周知の変名を原著作物の著作者名として表示した二次的著作物の著作者名として表示した二次的著作物の複製物を含む。)を頒布した者は、1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」

続きはこちら

ページトップへ

中国政官データ[2016年5月版]

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)のご紹介

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)の写真

2013年 フランス ランスにて

プロフィール

1934(昭和9)年生まれ
久留米大学名誉教授・国際日本語普及
協会理事
LAIT(IT知財法務研究所)
客員研究員

京都大学法学部卒
1960年文部省(現・文部科学省)
1970年文化庁著作権課長補佐
1988年私立久留米大学法学部教授。
1995年久留米大学法学部長
2005年久留米大学特任教授・名誉教授
2011年日本ユニ著作権センターより
「著作権貢献賞」を受賞

主な著書に

  • 肖像権(1979年・新日本法規)
  • 改訂版ニッポン著作権物語(1999年・青山社)
  • タイプフェイスの法的保護と著作権(2000年・成文堂)
  • 唱歌『コヒノボリ』『チューリップ』と著作権(2004年・全音楽譜出版社)
  • 肖像権 改訂新版(2011年・太田出版)
  • 美術作家の著作権 その現状と展望
    (福王子一彦と共著・2014年・里文出版)
  • ウルトラマンと著作権
    (上松盛明氏と共編・2014年・青山社)
  • インターネット判例要約集(2015年・青山社)

などがある。

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出のイメージ

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出 【2,800円+税】

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社のイメージ

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社 【4,500円+税】

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例のイメージ

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例 【2,800円+税】