大家重夫の世情考察

弁護士発信者情報請求事件

弁護士の名誉を毀損する情報がホームページに掲載され、インターネット・サービス・プロバイダへ発信者情報の開示請求をし、認められた事件である。

東京地裁平成17年8月29日判決(平成17年(ワ)第1876号判タ1200号286頁)

原告Xは、第2東京弁護士会に所属する弁護士である。
被告Y(ヤフー株式会社)は、プロバイダ業等を営む株式会社である。

  1. 平成16年11月1日から同月26日の間、Yのサーバー上に開設しているホームページに、「私たちにとってXらは、お金のために、何の関係もない私たちを利用し、沢山の幸せを奪い取るという精神的な虐待をした、恐喝犯でしかありません」等の文章(本件各侵害情報)が掲載された。
  2. Xは、平成16年11月5日付けで、Yに対し、発信者情報の開示を求めた。
  3. Yは、本件ホームページの開設者に、平成16年11月16日、本件発信者情報をXへ開示することについて意見照会をした。同年11月23日、開設者は、Xへ、同意しないと返答した。
  4. Yは、平成16年11月27日、本件ホームページの掲載を一時的に停止し、同月30日、Xに対し、直ちに開示請求に応じられない、と返答した。

 平成17年2月2日、Xは、Yへ、発信者情報を開示せよと訴えた。

[東京地裁]
第31民事部金子順一裁判長は、次のように判断した。

  1. Yは、別紙発信者情報のうち、別紙発信者情報目録記載の3、4,5の各情報のみを保有している。
  2. 本件各侵害情報は、プロバイダ責任制限法4条1項1号の権利侵害要件を具備している。
  3. 原告Xには、同法4条1項2号所定の本件各侵害情報の開示を受けるべき正当な理由がある。

[判決主文]

  1. 被告は、原告に対し、別紙発信者情報目録記載3ないし5の各情報を開示せよ。
  2. 原告のその余の請求を棄却する。
  3. (省略)
原告弁護士が、発信者情報、誰が書いたか、知りたいという気持ちもわかる。

ページトップへ

中国政官データ[2016年5月版]

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)のご紹介

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)の写真

2013年 フランス ランスにて

プロフィール

1934(昭和9)年生まれ
久留米大学名誉教授・国際日本語普及
協会理事
LAIT(IT知財法務研究所)
客員研究員

京都大学法学部卒
1960年文部省(現・文部科学省)
1970年文化庁著作権課長補佐
1988年私立久留米大学法学部教授。
1995年久留米大学法学部長
2005年久留米大学特任教授・名誉教授
2011年日本ユニ著作権センターより
「著作権貢献賞」を受賞

主な著書に

  • 肖像権(1979年・新日本法規)
  • 改訂版ニッポン著作権物語(1999年・青山社)
  • タイプフェイスの法的保護と著作権(2000年・成文堂)
  • 唱歌『コヒノボリ』『チューリップ』と著作権(2004年・全音楽譜出版社)
  • 肖像権 改訂新版(2011年・太田出版)
  • 美術作家の著作権 その現状と展望
    (福王子一彦と共著・2014年・里文出版)
  • ウルトラマンと著作権
    (上松盛明氏と共編・2014年・青山社)
  • インターネット判例要約集(2015年・青山社)

などがある。

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出のイメージ

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出 【2,800円+税】

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社のイメージ

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社 【4,500円+税】

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例のイメージ

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例 【2,800円+税】