大家重夫の世情考察

中村うさぎ「狂人失格」事件

ネットで知合った女性をモデルにして、小説「狂人失格」を出版した作家中村うさぎが名誉毀損、プライバシー権侵害で訴えられ、100万円の損害賠償が命ぜられた事例である。

大阪地裁堺支部平成25年5月30日判決(平成23年(ワ)第1731号)

作家Y(中村うさぎ)は、ネットで、原告Xと知合い、その後、面談し、共著の本を出そうかという話もあったが、その計画は中止になった。
Yは、A出版社のPR誌に連載ののち、平成22年2月、A出版社から小説「狂人失格」を5000部発行した。この小説は、女性作家が、一人の有名になりたい女性と知合い、その女性との交流を通して、その女性の中に、自己顕示欲や作家自身の姿があることを剔抉し、哲学的自問自答を描いた作品である。
Xは、当初は、この小説の出版に異議を唱えず、かえって、A出版社に自らの著作の出版や、著名人のとの対談企画を提案したり、みずから自己が管理するウエブサイトに、Yの「狂人失格」のモデルは、自分であるとの宣伝活動をした。

平成23年、Xは、本件小説により、名誉を毀損され、プライバシー権を侵害されたとして、1000万円の損害賠償を請求した。
大阪地裁堺支部中村哲裁判長は、プライバシー権侵害、名誉毀損を認め、原告の被った精神的苦痛を金銭的に評価し、100万円の損害賠償の支払いを命じた。

この判例は、インターネットに直接関係していないともいえるが、インターネットによって、原告と被告は、知り合いになり、原告は、自分のホームページで、被告小説のモデルは自分である、と告白し、むしろ宣伝し、インターネットが重要な役割を果たしている。原告は、一旦は、モデルを承諾していること、対談や共著の話が実現しなかったこと、原告は(有名になるなら)自己のプライバシーや名誉を犠牲にしてもかまわない、と思われること、原告被告は、同じ作家という「部分社会」に住む人間であること、以上の理由で、私は、請求棄却ないし、原告から被告へ、5万円の損害賠償金の支払いでいいと考える。

[参考文献]
大家重夫「中村うさぎ『狂人失格』事件を読む」マーチャンダイジングライツレポート2013年7月号52頁


ページトップへ

中国政官データ[2016年5月版]

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)のご紹介

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)の写真

2013年 フランス ランスにて

プロフィール

1934(昭和9)年生まれ
久留米大学名誉教授・国際日本語普及
協会理事
LAIT(IT知財法務研究所)
客員研究員

京都大学法学部卒
1960年文部省(現・文部科学省)
1970年文化庁著作権課長補佐
1988年私立久留米大学法学部教授。
1995年久留米大学法学部長
2005年久留米大学特任教授・名誉教授
2011年日本ユニ著作権センターより
「著作権貢献賞」を受賞

主な著書に

  • 肖像権(1979年・新日本法規)
  • 改訂版ニッポン著作権物語(1999年・青山社)
  • タイプフェイスの法的保護と著作権(2000年・成文堂)
  • 唱歌『コヒノボリ』『チューリップ』と著作権(2004年・全音楽譜出版社)
  • 肖像権 改訂新版(2011年・太田出版)
  • 美術作家の著作権 その現状と展望
    (福王子一彦と共著・2014年・里文出版)
  • ウルトラマンと著作権
    (上松盛明氏と共編・2014年・青山社)
  • インターネット判例要約集(2015年・青山社)

などがある。

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出のイメージ

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出 【2,800円+税】

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社のイメージ

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社 【4,500円+税】

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例のイメージ

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例 【2,800円+税】