大家重夫の世情考察

マンガ無断ネット配信事件

マンガを著作者に無断で配信した事件である。

東京地裁平成19年9月13日判決(平成19年(ワ)第6415号判時1991号142頁)

さいとうたかお、永井豪、井上雄彦ら11人の漫画家が、それぞれのマンガを無断で配信されたとして、インターネットコンテンツ企画制作等を行うA会社及びインターネットカフエ経営のB会社等を訴えた。

被告らは、原告等の漫画単行本を裁断し、スキャナーで読み取った画像ファイルを、サーバーを用いて、ウエブサイトPを通じて、インターネットを利用する不特定多数の者に自動公衆送信が可能な状態にし、実際に自動公衆送信が行われた。

原告は、これらの行為をした被告らに対し、著作権侵害(公衆送信権侵害)に基づいて、損害賠償を求めた。被告は、インターネットコンテンツの企画制作等を目的とするA会社、インターネットカフエ経営のB会社、C(元A会社及び元B会社の代表者)、D(現在のA会社代表者)である。

東京地裁民事46部設楽隆一裁判長は、

  1. ABCDの被告は、原告10人それぞれに対し、連帯して金200万円及び平成18年2月1日から支払い済みまでの年5分の金員を支払え
  2. 被告は、原告丙川竹夫こと丙川二郎(筆者注、「家栽の人」「斗馬TOMA」著者)に対し、金32万2560円を平成18年2月1日から支払い済みまでの年5分の金員を支払え
  3. その余の請求を棄却した。

A社には、侵害行為の幇助、Dには故意があり、共同不法行為を認め、B社も本件侵害行為を幇助、Cには故意があるとして、不法行為責任を認めた。
裁判所による損害額は、各漫画単行本を電子書籍化した場合の想定販売価格に、相当な使用料率を乗じ、ウエブサイトPの利用者の閲覧総数を乗じた金額を損害額とし使用料相当額の算定について、ヤフーブックや有限責任中間法人出版物貸与権管理センター使用料規程によることをしなかった。

電子書籍とマンガは、親和性があるという。

[参考文献]JUCC通信126号4頁に亀井弘泰弁護士の判例紹介がある。


ページトップへ

中国政官データ[2016年5月版]

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)のご紹介

著者:大家 重夫(Shigeo Ohie)の写真

2013年 フランス ランスにて

プロフィール

1934(昭和9)年生まれ
久留米大学名誉教授・国際日本語普及
協会理事
LAIT(IT知財法務研究所)
客員研究員

京都大学法学部卒
1960年文部省(現・文部科学省)
1970年文化庁著作権課長補佐
1988年私立久留米大学法学部教授。
1995年久留米大学法学部長
2005年久留米大学特任教授・名誉教授
2011年日本ユニ著作権センターより
「著作権貢献賞」を受賞

主な著書に

  • 肖像権(1979年・新日本法規)
  • 改訂版ニッポン著作権物語(1999年・青山社)
  • タイプフェイスの法的保護と著作権(2000年・成文堂)
  • 唱歌『コヒノボリ』『チューリップ』と著作権(2004年・全音楽譜出版社)
  • 肖像権 改訂新版(2011年・太田出版)
  • 美術作家の著作権 その現状と展望
    (福王子一彦と共著・2014年・里文出版)
  • ウルトラマンと著作権
    (上松盛明氏と共編・2014年・青山社)
  • インターネット判例要約集(2015年・青山社)

などがある。

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出のイメージ

シリア難民とインドシナ難民 - インドシナ難民受入事業の思い出 【2,800円+税】

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社のイメージ

ウルトラマンと著作権 - 海外利用権・円谷プロ・ソムポート・ユーエム社 【4,500円+税】

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例のイメージ

インターネット判例要約集 - 附・日本著作権法の概要と最近の判例 【2,800円+税】