第6回 “アプリ”をダウンロードして楽しむには

 スマートフォンやタブレットは、パソコンのようにさまざまなアプリケーション(略して“アプリ”と呼ぶことが多い)を導入することができます。アプリ使えば、ゲームをしたり、写真を加工したり、コミュニケーションをしたり……と、スマートフォンやタブレットをより便利で楽しく利用できるようになります。

 アプリを入手するには、アプリを配信する専用のマーケットを利用します。iOSには「AppStore」、Androidには「Google Play」(Playストア)というアプリ専用のマーケットが用意されており、ここから好きなアプリを選んでダウンロードできるようになっています。ただしこれらのマーケットを利用するためには、“アカウント”と呼ばれる専用のIDとパスワードが必要で、iOSの場合は「Apple ID」、Androidの場合は「Googleアカウント」というものをマーケットを利用する前に取得し、本体に登録しておく必要があります。

 アカウントを登録したら、後はそれぞれのアプリマーケットのアイコンをタップすることで、マーケットを利用できます。マーケットからアプリをダウンロードしてインストールするには、基本的にはダウンロードしたいアプリを選んで、そのアプリの詳細説明画面を表示した後、ダウンロード用のボタンをタップするだけです。インストールした後は、アプリ一覧にダウンロードしたアプリのアイコンが現れるので、これををタップすることでそのアプリを利用できるます。

smartphone_2012_6_1_b

 しかしながら、マーケットの中では何十万ものアプリが配信されているため、その中から好みのアプリを探すのは容易ではありません。そこでマーケットには、ゲームやビジネス、写真、音楽……といったように、アプリをジャンル別にある程度分類しています。まずはジャンルを選んで、その中からアプリを探してみるといいでしょう。また、もしダウンロードしたいアプリが決まっている場合は、キーワードを入力して検索することで、そのアプリに素早くたどり着くこともできます。

smartphone_2012_6_2_b

 ちなみに、マーケットからアプリをダウンロードして利用する上では、注意すべきことがいくつかあります。1つは、アプリには無料のものだけでなく、有料のものもあるということ。有料のアプリを購入するには、iOSの場合はクレジットカードまたは専用のプリペイドカードを登録しておく必要があります。またAndroidの場合は、クレジットカード、またはキャリアが提供している、携帯電話と一緒に料金の引き落としができる決済サービスを登録する必要があります。

 そしてもう1つ、アプリは便利で楽しいものだけでなく、中にはウィルスや、個人情報を抜き取ってしまうような、悪意のあるアプリが存在することにも、注意が必要です。そうしたアプリをダウンロードしてしまい、何らかの被害に遭わないためには、キャリアが提供するセキュリティ対策サービスや、セキュリティ会社が提供するウィルス対策アプリなどを導入しておくこと。そしてさらに、アプリをダウンロードする前にマーケット上の評価コメントや、スマートフォンのアプリ紹介サイト(AppBank;http://www.appbank.net/andronavi;http://andronavi.com/等)などでアプリの評判をチェックするなど、慎重に対応することを忘れないようにしましょう。


政界・官界・財界情報アプリ 国政DATA
  • Google playからダウンロード
  • App Storeからダウンロード
ページトップへ