第5回 インターネットサービスを利用しよう

 スマートフォンやタブレットを利用する最大のメリットは、やはり“インターネットサービスが扱いやすくなる”ということではないでしょうか。パケット定額サービスを契約していれば、基本的に料金を気にすることもなくなるので、いつでもどこでもインターネットサービスを利用することが可能です。

 インターネットサービスの中でも、最も多くの人が利用しているのが“Eメール”です。Eメールは大きく分けて、従来携帯電話で利用していたメールサービス(iモードメール、EZメールなど)と、パソコン上で利用しているメールサービス(Gmail、Yahoo!メールなど)の2種類がありますが、スマートフォンではどちらのサービスも利用可能となっています。

 携帯電話のメールサービスは、NTTドコモのように「iモードメール」から「spモードメール」に名称が変わっている場合がありますが、基本的には専用のアプリケーションを使うことなどにより、従来と同じようにメールのやりとりができます(ただし携帯メールは、Wi-Fiモデルのタブレットでは利用できないので注意が必要です)。一方、パソコン向けのメールサービスは、「メール」「Eメール」などのアプリケーションを使うことにより、自身で設定の必要があるものの、スマートフォンやタブレット上でも利用できます。

smartphone_2012_05_01_2

 メールと同様に多くの人が利用するのが、Webサイトの閲覧ではないでしょうか。「Webブラウザ」を使ってさまざまなWebサイトにアクセスすれば、ニュースや天気などの最新情報を得たり、気になる言葉を検索して調べたり、ショッピングサイトで買い物をしたりと、色々なことができるようになります。

 ですが、スマートフォンやタブレットには、特定のWebサイトのサービスを利用するのに便利なアプリケーションが用意されている場合があります。それを使えば、WebブラウザでWebサイトにアクセスするより、便利にサービスを利用できるので、大いに活用しましょう。例えば現在地周辺のお店を探したり、目的の場所に行くための道順を調べたりしたい場合は、Webブラウザで地図サービスにアクセスするよりも、「マップ」というアプリケーションを使った方が便利です。

smartphone_2012_05_02_2

 このように、スマートフォンではさまざまなアプリケーションを利用することにより、インターネットサービスをより便利に活用することが可能です。他にも天気予報やニュースをチェックしたり、ゲームや電子書籍を楽しんだり、“Twitter”などのコミュニケーションサービスを利用したりするのにも、アプリを利用した方が便利な場合があります。ですがそれらのアプリは、必ずしも最初からスマートフォンやタブレットの中に入っているとは限りません。そこで次回は、欲しいアプリを自分で入手して使ってみる方法について解説しましょう。


政界・官界・財界情報アプリ 国政DATA
  • Google playからダウンロード
  • App Storeからダウンロード
ページトップへ