IPv6アドレスってなに?

 現在インターネットでは主に、個々のコンピュータなどを特定する住所として、32ビットのIPv4アドレスが用いられています。しかし、近年あまりにもインターネット人口が増えたため、IPv4アドレスの枯渇が問題となっています。この問題を解決するために、IPv4に変わる次世代のアドレスの仕組みとして考えられたのがIPv6アドレスです。。IPv6は128ビットのアドレス空間を持ち、IPv4と比べて利用できるアドレス数が大幅に増え(事実上無限)枯渇の心配はなくなりました。

  IPv4 IPv6
IPアドレスの数 2の32乗(約43億) 2の128乗(約340兆の1兆倍の1兆倍)

 IPv6アドレスでは表記方法がIPv4アドレスと異なっています。IPv4では8ビットを4つのブロックに分けて、それぞれのブロックを10進数表記で表していましたが、IPv6では128ビットを16ビットごとにブロック分け、各ブロックを16進数で表します。また、下記の例示のように、IPv4ではドット(.)で各ブロックで区切っていましたが、IPv6ではコロン(:)で区切ります。

【アドレスの表記例】

IPv4アドレス 203.0.113.1
IPv6アドレス 2001:0db8:0000:0000:0042:45ff:fe0a:82af

 その他、標準でセキュリティ機能が用意されていたり、接続が自動で簡単になる仕組みも用意されているなどの部分がIPv4アドレスと異なっています。

 このIPv6アドレスですが、商用だけでなく個人向けのサービスも徐々に開始されています。現在のインターネットではIPv4とIPv6が混在する形で利用者に極力影響が及ばない形で提供されており、インターネット上の多くのネットワーク機器や、WindwosやMac OSなどもIPv6に対応しているため、利用者は特に意識することなくこれまでどおりインターネットを利用することが可能となっています。

 余談ですが、今後のIPv6アドレスを用いたサービスが普及することにより「機器が使えなくなる」「買い換える必要がある」といった詐欺が起こるかもしれません。しかし、現在発売されている多くの製品はIPv4やIPv6どちらにも対応しており、WindowsであればXP以降の製品は対応しているため、そのような心配についてはほぼありませんのでご注意を。


政界・官界・財界情報アプリ 国政DATA
  • Google playからダウンロード
  • App Storeからダウンロード
ページトップへ