ウルトラブック(Ultrabook)

 ウルトラブック(Ultrabook)は、インテル社が提唱した新機軸のノートPCの定義で、高速性とバッテリー駆動時間の長時間化、薄さにこだわりデザイン面も重視しているといった特徴があります。
2011年11月現在、いくつかのメーカーから製品が発売され始めましたが、各社に共通する項目として以下のようなものがあります。

サイズ 厚さ1インチ(21mm)未満
重量 1kg前後
画面サイズ 13.3インチ
CPU インテル社のCore-iシリーズ
メモリー 4GB
ストレージ SSDを採用
OS Windows 7
その他機能 USB3.0、HDMI端子、Wi-fi、Bluetooth
駆動時間 5?10時間
価格 10?15万円

 上記の通り、従来型薄型ノートPCよりハイスペックでありながら価格も低めに設定されています。
ストレージにはHDDではなくSSDを用いていることが多いため、高速起動、スリープや休止状態からの素早い復帰、長時間使えるバッテリーなどモバイル用のノートPCとしても最適です。
ただし、ウルトラブックは既存のA4ノートPCと比較すると光学ドライブを持たない、拡張性が低いといったデメリットも存在します。
通常のノートPCよりも気楽に持ち運びが可能で、スマートフォンやタブレット型端末などと同様のサクサクした操作感を求めるユーザにおすすめです。
本格的な普及は2012年以降になると言われているウルトラブックですが、国内大手メーカーを含む各社から様々な製品が発売される予定で、新しいタイプのノートPCとして要注目です。

参考

 東芝 dynabook R631
 http://www3.toshiba.co.jp/pc/catalog/dynabook/110929r631/
 レノボ IdeaPad U300s
 http://shopap.lenovo.com/jp/Landing_pages/products/new-product-showcase
 Acer Aspire S Series
 http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/series/aspiresseries
 ASUSTek ZENBOOK
 http://zenbook.asus.com/jp/


政界・官界・財界情報アプリ 国政DATA
  • Google playからダウンロード
  • App Storeからダウンロード
ページトップへ