反社会的勢力排除に関する基本方針

 反社会的勢力、団体は、社会秩序や社会の安全に脅威を与えるものであり、徹底した排除が不可欠であるため、株式会社インタークロスは、次のとおり基本方針をさだめ、その決意を社内外に明らかにし、危機管理を自らの役割と認識して対処するものとします。

  1. 反社会的勢力(暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいう、以下同じ)と一切の関係を遮断します。
  2. 反社会的勢力とは、一切の取引を行いません。
  3. 反社会的勢力による不当要求は、断固として拒絶します。
  4. 反社会的勢力による被害防止のため、反社会的勢力との雇用契約ならびにその他一切の労働契約を締結しません。また、当社役員ならびに従業員が反社会的勢力である、もしくは反社会的勢力と関係を持っている、と判明した場合には、直ちに雇用契約・労働契約を解除します。
  5. 当社が締結する契約書、覚書等に反社会的勢力排除の条項を規定します。また、契約締結後に契約の相手先が反社会的勢力であると判明した場合には、直ちに契約を解消します。
  6. 反社会的勢力に関する情報を得た場合には速やかに警察等の関係機関に連絡し、連携をとりながら社会全体の反社会的勢力排除に協力します。

以上

2012年4月

株式会社インタークロス
代表取締役 桃井 正典

政界・官界・財界情報アプリ 国政DATA
  • Google playからダウンロード
  • App Storeからダウンロード
ページトップへ